sankaku FR△SCO.

ブライス・ニッキ・カエルのワンダ…22cm以下のドール用アウトフィット作製日記。メンバーの一人、さぼてんの徒然日記という噂も…。(販売元とは関係ありません) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅レポ(奈良→京都)、友禅と寺

ということで、3日目は京都に移動です。

経路:川崎 → 名古屋 → 奈良 → 京都 …(and more...)

奈良・京都間は近鉄で移動しました。で、京都市内をバスで移動。

これだと、近鉄奈良京都間540円とバス1日パス500円なので、青春18切符(日毎2300円)よりお得。

ということで、近鉄京都駅。
近鉄京都駅です

まず、友禅の体験に向かいました。古代友禅苑です。  

友禅は、地方によって加賀と京都があります。もとをたどると同じだったりもします。そういうのは、この施設に色々な展示説明があるので、、勉強してきました。

また、手法としては、手描き友禅と型友禅があります。

いわゆる、職人さんが筆を使って柄を描いて行くのが手描き友禅です。

それを手描きよりは量産できるように(といっても手間はかかります)、型紙を使って描いていくのが型友禅です。

これは後に、ヨーロッパのシルクスクリーンとして、同様のものが確立されます。

型友禅は、早い話、手芸で言うステンシルです。これを色ごとに切り抜いた型を、順番に染めていくと言うものです。

挑戦したのはもちろん型友禅染め、蝶と藤の柄で扇子用のもの。
↓これは見本です。
これを今から作ります!

赤い色を用意して、図案の赤いところを切り抜いた型。
型を印にあわせて置く!

ちなみに、型は和紙を重ねて柿渋を染み込ませて、硬くしたものです。これだけでも10年ねかせて作るんだそうです。

これを刷毛という筆で、塗っていきます。
優しく、ぼかしたり…

赤→紫→ピンク…と重ねていくと、だんだん絵になってきました。
段々出来てきます

さらに、青、黄、緑…と重ねて、最後に輪郭の白を入れると完成です。
(えぇ?やたら省略しました…)
完成です!

見本より、やたら濃くなってしまいました。
これは、扇子に加工して1ヶ月ちょっとしたら届きます。忘れたころにアップされると思います。(爆)

さて、友禅苑のお土産店で着物の端切れが『ご自由にどうぞ』とあったので、遠慮なくもらってきたりして、次はちょっとお寺さんへ向かいました。

向かったのは銀閣寺。でもお腹がすいたので、その近くのたこ焼き屋さんで腹ごしらえです。

京都九条ねぎと白出汁で上品です。
熱々で美味しい!

で、哲学の道。
雰囲気が出てきました

でも…銀閣寺…なんと!修復工事でした。
がーーーーーん。(ToT)

平成22年(いわゆる2010年)までかかるそうなので、行かれる方は覚悟して。
(この画像で、十分伝わると思いますが…苦笑)

で、気を取り直して、金閣寺です。
ブライスも記念撮影

金閣寺は堪能できました。そして出口付近のお茶室で、抹茶をいただきました。
抹茶をいただきました

お茶請けのお菓子には、もちろん金箔がついてました。

明日は大阪に移動ですが、午前中は他に京都で見たいものがあるので、そちらにいきました。それは次のレポで。

京都のユースでは、となりのベッドがフランス人の女の子だったので、色々お話をしました。これまた次のレポで…。

では!

テーマ:WANDA*Love! - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sankakufrasco.blog102.fc2.com/tb.php/185-731d90c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。